男女

コミュニケーションの研修をすればハキハキ喋れるようになる

各種保険手続きの負担軽減

企業にとっては社会保険や雇用保険など、労務関係の書類作成や役所への申請作業は大きな業務負担となっています。現在でも手書き書類で労務管理を行っている企業は少なくありませんが、表計算ソフトを使っても作業は大変です。労務管理ソフトを利用すれば書類作成が自動化されて電子申請も可能なため業務が効率化します。

仕事への満足度

会社で働く社員達の仕事への満足度を知るために行われる調査を従業員意識調査といいます。管理職と一般社員とでは、仕事に対しての意識に差が出ることもあるとされています。従業員意識調査では、改善点を探り問題を改善していくことで、社員の一人一人のモチベーションが上がることでしょう。

チームワーク強化に効果的

スーツの男性

新人から管理職まで学習可

社員のスキル向上を目的として実施される社内研修には、新入社員を対象とする事例から管理職を対象とする事例まで数多くの種類が存在します。営業研修や技術研修など職種に応じて行われるケースではより実践的な知識を習得できますが、多くの企業に注目されているのがコミュニケーション研修です。どの職種に属する社員にも共通して求められるコミュニケーション能力を学習することにより、社内のチームワークが強化されるのです。コミュニケーション研修では基礎知識を学ぶセミナー方式に加え、実践的スキルを磨くロールプレイングやグループワークといった手法も駆使されます。技術研修などは社内の熟練社員を講師役として実施できますが、コミュニケーション研修の講師にはその分野の専門家を招くのが望ましいものです。新入社員を対象とする場合はコミュニケーションの基礎から始めて、傾聴力や質問力といった能力について学んでいきます。管理職を対象とする場合はリード力やカウンセリング能力などさらに高度なスキルが求められるため、コミュニケーションに関する専門知識が欠かせないのです。多くの企業ではこのような能力について総合的に指導できる人材が不足しているため、社内研修をサポートしているサービス会社が利用されています。社内にコミュニケーションの専門家を招いて講義を行う方式の他、宿泊研修の形での実施やeラーニング方式で自宅学習させる方法もあります。社内事情や目的に合わせた最適な実施方法を選択することにより、短期間でも社員のコミュニケーション能力向上を図ることができるのです。新人や中堅社員・管理職といった立場によって求められるコミュニケーション能力は異なりますが、いずれも学習することで獲得できる能力です。コミュニケーション研修の実施でチームワークが強化されれば業務が効率化され、無用なトラブルも回避されて社員が最大限に力を発揮できるようになります。

女性社員の安定雇用に

待機児童問題は特に都市部ほど深刻化していますが、先進的な企業からは企業内保育が注目されています。企業内保育所の設置は女性社員の安定雇用につながり、従業員満足度も向上して働きやすい職場が実現されます。一定の条件さえ整っていれば国の助成金が利用できるため、低コストでも企業内保育所の開設は十分に可能です。