大勢の人

コミュニケーションの研修をすればハキハキ喋れるようになる

各種保険手続きの負担軽減

複数の人

書類の自動作成と電子申請

企業が事業活動を進めるに当たっては社員を雇用し、法律に従った条件の下で労働契約を結ばなければなりません。そうした条件の中でも特に面倒な手続きを要するのが、社会保険や雇用保険といった労務管理に関する作業です。通常は従業員を管理する人事担当部署または総務に相当する部署が労務管理を受け持っています。社員数の多い企業や専任の事務員が不在の企業では、社会保険労務士に書類作成等を代行してもらっている例も少なくありません。自社でこのような労務管理を実施する際には、どのようにして関連書類を作成するかが問題となります。小規模の事業所を中心に手書きで書類を作成しているところも多く、パソコンを使う場合は表計算ソフトで書類作成している例が大半です。しかしながら手書きや表計算ソフトでの書類作成は非常に手間がかかる上、社員の入退社や扶養家族等の条件が変更された場合に伴う書き換えも簡単ではありません。さらには労務管理に欠かせない役所への申請作業も郵送や窓口提出に頼らざるを得ず、決して効率的なやり方とは言えませんでした。現在では企業のあらゆる業務がコンピュータシステムの対象とされており、給与計算や勤怠管理といった人事関連業務もその例外ではありません。労務管理も書類作成を自動化できる専用のソフトが存在し、煩雑な手続きを簡略化させるのに役立っています。扶養家族の追加や削除が簡単にできる点に加え、役所への電子申請に対応している点も労務管理ソフトの見逃せない点です。労務管理ソフトを導入することで社会保険や雇用保険の申請からデータ変更にかかる作業負担が大幅に軽減され、入力ミスなどの防止にもつながります。実際に労務管理ソフトを導入している企業では、社会保険労務士と専属契約を結んでいるのに等しい安心感を得ています。人員の限られた中小企業では煩雑な労務管理に悩まされてきましたが、IT技術を導入することで解決できるのです。