大勢の人

コミュニケーションの研修をすればハキハキ喋れるようになる

女性社員の安定雇用に

子供と保育士

条件次第では助成金も

近年では女性の社会進出が目覚ましく、どの業種に属する企業でも女性社員が重要な役割を果たすようになりました。一方で女性には出産と育児のため一時的に職場を離れなければならないという事情もあって、待機児童の問題は人口の多い都市部ほど深刻化しています。子供を預ける保育所が見つからないばかりに職場へ復帰できないという例も多く、女性の安定雇用を妨げる社会問題として議論を呼んでいるのは周知の事実です。そんな中で企業主導型の保育施設が注目されており、すでに先進的な企業の一部では導入が進んでいます。この企業内保育所は認可外の保育施設に属しますが、一定の条件を満たしていれば自治体を通さずに国から助成金が出るという点でも注目に値します。地域の保育施設で受け入れきれない場合でも、企業内保育所が設置されていれば育児休暇の後でも安心して職場に復帰できるものです。導入する企業にとっては女性社員の離職率が下がって優秀な人材の確保につながり、新卒者や中途採用希望者に対しても大きなアピールポイントとなります。企業内保育所を設置している企業では従業員満足度の向上が見られ、社員全体のモチベーションもアップして活気ある職場作りに役立っています。業務の中で女性社員の比重が高い企業ほど企業内保育所設置の効果が高くなりますが、その点では病院内保育所が先行的に普及した経緯と無関係ではありません。職場の中で女性が重要な役割を担っている病院と同様に、一般企業でも女性が働きやすい職場の実現が求められる時代となっているのです。企業内保育所を設置して運営していくには設備面や保育実務などに多くの費用がかかりますが、前述の助成金を利用すれば少ないコストでの開設も十分に可能です。企業内保育所を設置することで単に社員がメリットを享受できるだけでなく、女性社員の積極活用や社会貢献に対する企業イメージ向上につながるという点も見逃せません。